×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



先日いって来た福島の「四季の里」。今回は無事に晴れた日に行くことができました。
その帰りに民家村というところにも立ち寄って、ゆっくりした時間を過ごしてきました^^


雪でいっぱい「四季の里」

雪の最中にいって来ました。しかもノーマルタイヤで。幸いにして道には雪がなかったので、滑ることはなかったんですが、ドキドキでしたねぇ。やっぱりスタッドレスは必要かなと思う瞬間です。でも今年は本当に降らないですねぇ。年々、雪の量が減っていってる気がします。

雪といえば、雪だるま。四季の里の広大な敷地のあちこちにありました。こういうのを見るとホッとしますね^^小さい頃はよく作ったものです。でもなんで雪だるまなんでしょうねぇ。だるまさんってみんなに愛されてるんですね^^

そして、子供とおじいちゃんがソリで遊んでいます。思わず撮りたくなってシャッターを切ってしまいました。雪は転んでも痛くないし、日が出ているのでそんなに寒くはないし。昔を思い出してしまいますね^^

 







四季の里 いなか亭
四季の里の敷地内にある蕎麦屋「いなか亭」こちらでお昼を食べました。山の近くで、水もおいしいためか、とても美味しい蕎麦を食べることができました。かきあげもとてもサクサクして美味しかったです^^






ほのぼの^^
植木鉢で作ったっぽいかまくらと、日向ぼっこをしている老夫婦。とても幸せそうです。こうして二人、少しずつ年をとっていきたいものですね。







雪の中でたくましく育っている植物たち。カメラを持つ手がかなり寒かったですが、陽射しがあったのが良かったです。なんとか震えることがなく、撮ることができました。

雪の写真はなかなか難しいことを今回知りました。雪のような白いものは、明るさ調整が微妙ですよね^^;

緑と白のコントラスト、なんだか落ち着く風景です。







福島民家村
茅葺屋根の集落があり、そこは福島民家村と呼ばれています。入場料が大人300円、いくつかの民家を見ることができます。こうした田舎の家は趣があって、見ていても全然飽きませんよね。いつか、こうした家に住んでみたいものです。




民家をいくつも見ながら、それぞれ写真を撮っていると、あっという間に時間が経ちますよね。夢中になることって、本当に時を忘れてしまいます。こうした時間ってとても大切で、何物にも代えがたい。




すっごく寒い雪の中。池も凍ります。


木漏れ日が身体に優しかったです。


光が水に反射して、すごく眩しい。

ふと、座りたくなる縁側です。


信夫山から見る夜景
あちこち行って夜になって、信夫山に登って夜景を見ていました。風は冷たかったけど、心はホンワカと温かくなりました。きらびやかな夜の光。色とりどりに着飾った街の灯りです。



HOME