×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「宮島」「天橋立」 と並び日本三景の一つとして名高い、「松島」ここはいくつもの島があり、かの松尾芭蕉も訪れた地です。
今回、仙台に行く目的のひとつでもあった松島に行って撮影してきました。



松島に行くと、まず目にとまるのが上の写真にある「五大堂」沢山のひとがお参りに行きます。海の色もすごく綺麗で、松島が一望できるところもあり、人気のスポットになっています。中にはお寺があり、皆が並んで拝んでいる姿も垣間見ることができました。でも海の色、本当に綺麗なエメラルドグリーンですね。風情があって、若者からお年よりの方々が大勢訪れていました。




五大堂へはこのような橋があり、それを渡ります。下はもちろん海。といっても高さはそれほどないので、あまり怖くはありませんが。

五大堂へGO!





これぞ松島!

しかし本当に沢山の島があるんですねぇ。100以上の島があるとか。どうやって出来上がったのが不思議でたまりません。しかもそのひとつひとつに松が生えていて、見事に訪れる人の目を楽しませています。どうやって生えたんでしょうか。とても気になるところではありますが、誰も何も言わないところを見ると、特にたいした疑問にもならないようですね。僕は不思議でたまりませんが。なんといってもその数ですよね。島がひとつふたつならなんか、ああ〜そうなんだと思いますが、100とかいわれたら、何かすごいイベントがあって、その結果分裂したんじゃないかと思っちゃったり。

しかし不思議な風景ですねぇ。松がこんなに大量にある風景もなかなか見れるものじゃないので、来た甲斐はありますが。夏場は特に混雑し、途中の道が渋滞になります。なので、夏に来られる方は渋滞は覚悟しておいたほうがよいでしょう。







この長い橋を渡ると、松島の植物園にたどり着きます。ちなみに、この橋を恋人同士で渡ると、その人達は別れてしまうというジンクスがあります。





綺麗な青とエメラルドグリーン

橋を渡りきり、道なりに進むと、とてもいい景色に出会えます。松島の数々が所々に見えて、かなりの壮大な景色が目の前に広がります。が、残念なことに午前中に行った為、逆光になり、緑を綺麗に写す事ができませんでした。また次に行った時には、しっかりと撮影してこようかと思います。
 





綺麗な景色です。よくある松島の風景の一部分ですね。しかし本当に沢山の松が島いっぱいに広がっています。海の青と松の緑がとてもよく合っていて、ずーっと眺めていても飽きない、そんな場所が「松島」です。





松島は仙台から30分程でつきます。手軽にいけて深い景色を見ることができる、そんな場所です。
遠くからも沢山の人が毎日訪れています。是非、皆さんも観光にいらしてください。


HOME